パターの距離感と方向性を体に覚えさせる、とっておきのパッティング練習法!

ゴルフ上達法

パターの距離感と方向性を体に覚えさせる、とっておきのパッティング練習法!

パターの距離感と方向性、とっておきのパッティング練習法!



パターで距離感と方向性を出すには、
どのようにすれば良いのでしょうか。


実は、パターもアプローチやアイアンと同じように
「フォローで距離感を取る」のが、
パッティング練習法です。


つまり、パッティングの練習で、
距離感と方向性を体に覚えさせる
とっておきのパッティング練習法です。





アドレスをして、ボールを打つ形を作ります。

その時、普通はボールを見て打つのですが
セットアップした形で


ボールを見て打つのではなく
カップを見続けて、


ボールが転がる様子を見ながら
カップまでフォローで打つイメージです。


つまり、距離感と方向性を同時に
イメージングすることで、
とっておきのパッティング練習ができます。


距離感がピタッと合うようになると、
驚くほどパッティングの技術は上達します。




パターも、短いもの、長いものに関係なく
きちっとフォローを取るようにしてください。


これを意識するだけでも、
キチッと距離感が合うようになります。


パッティングをするときに、時々音を出して
「バチン、パチッ」と打つ方がいらっしゃいます。


しかし、こうした音を出すパッティングでは、
距離感覚を合わすことには繋がりません。





正しいパッティングの技術は、まずしっかり
フォローで距離感を出すようにします。


ぜひ、何度も練習をしてみて下さい。


距離感が合うようになれば、
スコアUPにも繋がり、ゴルフも楽しくなります。


このパッティング感覚を養う事が、
ゴルフの上達には一番の近道だと思います。


アプローチ、アイアン、パター、全てがフォロー
この3つをきっちりマスターしてください。




この練習に最適な教材があります。

2万人以上のゴルファーを上達に導いた
最新のゴルフ上達法

「1軸左肩打法の基礎」です。
あわせてこちらもご覧ください。


憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ