ピッチングウェッジを アプローチウェッジとして 安定した距離感を出す!

ノンカテゴリ

ピッチングウェッジを アプローチウェッジとして 安定した距離感を出す!

ピッチングウェッジをアプローチウェッジとして!



ピッチングウェッジのコントロールショットで
アプローチ距離感を出すための、
簡単で効果の高いテクニックをご紹介します。


練習を続ける度に、コントロールショットが、
プローチに良いと感じられるはずです。


では、実際に的確な距離感を出すには、
どうすれば良いのでしょうか?






それは......フォローの大きさをに合わして
アプローチの距離感を出す方法です。


距離感は、フォローの大きさを調整するだけで、
キチッと取る事が出来ます。


「えっ、そんなに簡単なの!?」と驚かれる方も
多いのですが、これは本当の話です。




フォローの大きさを調整すれば、
驚くほどラクに距離感を出す事が出来ます。


しかし反対に、バックスイングの大きさで
距離感を調整しようとすると
距離感を合わすのが難しくなります。


30~80ヤードの距離感をバックスイング大きさ
だけで取るのは、とても難しいのです。


ぜひ、簡単で実践のしやすいフォローの大きさを
アプローチに使うことを覚えください。






ピッチングウェッジのフォローコントロール
ショットの練習をこなせば、
すぐに体感で覚える事が簡単に出来ます。


この方法を練習する度に、距離感を正確に
掴めるようになるでしょう。


また、インパクトやショットも安定するので、
ショートゲームや様々なシーンにも
上手く対応できるようになります。


今まで、バックスイングの大きさだけで
調整していたという方は、
ぜひ、新しい考えとして実践に活かしてください。




この練習に最適な教材があります。

2万人以上のゴルファーを上達に導いた
最新のゴルフ上達法

「1軸左肩打法の基礎」です。
あわせてこちらもご覧ください。


キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ