リズムの良いルーティンから 綺麗なゴルフスイングができる!!

ノンカテゴリ

リズムの良いルーティンから 綺麗なゴルフスイングができる!!
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

この項目では、ゴルフスイングのリズムを
生む ルーティンの方法をご紹介します。


なかなか、ルーティンのリズムが
難しくってアドレスが大変…と
感じる方も多いはずですよね?


ここでは、リズムのあるルーティンの方法
コツを詳しく掘り下げてお話します。


スムーズで流れるようなアドレスは
自信に満ちた綺麗なスイングが得られます。


この綺麗なスイングを習得するために、
ぜひ、ルーティンを身に付けてください。


テンポの良いリズムでアドレスをするのには、
まずボールの後ろで
「これから打とうとする方向」を
最初に照準として決めます。


ボールの真後ろに立って、
前方1mくらいの位置に目印を決めます。


この目印とボール、そして最初に決めた
「打ちたいと思う方向」の
3点を結んだ線に対して、
平行にアドレスを取ります。


「なかなか、スムーズにはできないな」
という方は、
一連のルーティンが自然に馴染むまで、
何度も練習を重ねてみて下さい。






ルーティンのリズムを会得するには、
まずテンポ良く軽快にアドレスに入れる
事が大切です。


「1・2・3……1・2・3」と、
あなたが最も良いリズムで、
ルーティンができるテンポを捉えて下さい。


美しいスイングの決めては、
ルーティンが綺麗でなくてはなりません。


いかに軽やかにアドレスに入れるか?
をポイントに練習を続けてみましょう。


ここで、ワンポイントアドバイスです。


スイングだけでリズムを取っても、
なかなか上達する事は出来ません。


この場合は、セットアップの段階から
流れるようなリズムのルーティンを
意識することが大切です。


止まらないように一連のルーティンが、
スムーズに出来るまでです。


リズムよくルーティンが出来る事で
良いボールを打つ準備が完了します。


まずはリズムを身体に覚え込ませて、
ルーティンの練習を行って下さい。


ボールを打つだけでは、
効果的な練習とは言えませんよ。


ぜひ、セットアップのルーティンは
スイングを作る初動の基本として
重要な基本として大切に考えましょう。




この練習に最適な教材があります。

2万人以上のゴルファーを上達に導いた
最新のゴルフ上達法

「1軸左肩打法の基礎」です。
あわせてこちらもご覧ください。




2万人以上のゴルファーを上達に導いた
最新のゴルフ上達法

「1軸左肩打法の基礎」です。
あわせてこちらもご覧ください。

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

ピックアップ!

月別アーカイブ