アプローチをパター打ちのイメージで!!グリーン周りのミスが激減!?

ノンカテゴリ

アプローチをパター打ちのイメージで!!グリーン周りのミスが激減!?

アプローチをパター打ちのイメージで!



アプローチをパター打ちのイメージで、
グリーン周りのミスを激減できます。


このアプローチの打ち形のコツの
効果的な練習法をご紹介しますね!


まず、アドレスをする時は
「軸が斜めにならないよう」意識して下さい。


そして、スイングをする時は
体が上下しないようにする事が大切です。






軸をしっかりと真っ直ぐにし、
クラブのロフト通りにスイングする事を
覚えるようにしましょう。


そして、パタースイングを少し大きくした
イメージで練習をしてください。


高い球でよせる時はSWにして、
低い球でよせる時はピッツチングウエッジ。


よせる距離が長くなれば9番から7番までを
ふり幅を小さくして
パターのイメージで脇を締めて振って下さい。




この時に、左右に動いたり
突っ込んだ状態でスイングすると
必ずトップやダフりのミスが出てしまいます。


グリーン周りのミスの原因は、
決してヘッドアップや
ヘッドダウンだけではないのです。


高く上げようとしたり、
低く出そうと無理をしないでください。


まず、最も大切な事は
「脇を締めて、きちんと軸を保つ」という事です。






鏡の前で、一度自分のスイングを
チェックしてみて下さい。


いかがですか、あなたの軸は
真っ直ぐに保てているでしょうか?


鏡を使うと、今まで気がつかなかったような
欠点を見つける事が出来ます。


何度も、鏡の前でスイングを行い、
軸を真っ直ぐにして打てるまで練習してみて下さい。


この練習を繰り返すうちに、
ミスを大幅に無くす事が出来ますよ!



この練習に最適な教材があります。

2万人以上のゴルファーを上達に導いた
最新のゴルフ上達法

「1軸左肩打法の基礎」です。
あわせてこちらもご覧ください。




この練習に最適な教材があります。

2万人以上のゴルファーを上達に導いた
最新のゴルフ上達法

「1軸左肩打法の基礎」です。
あわせてこちらもご覧ください。


次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ