ゴルフ パターの アドレスと ボールの位置は、左目の真下が基本!

パター

ゴルフ パターの アドレスと ボールの位置は、左目の真下が基本!

ゴルフパターのアドレスとボールの位置



ゴルフパターの打ち方は、人によって様々です。

しかし、パターのアドレスとボールの
位置は、左目の真下が基本です!


パターの基本をしっかり押さえてこそ、
スコアアップに役立てる事が出来ます。


忘れがちな「パターの基本ポイント」を、
ここでしっかりおさらいしておきましょう。






プロのプレーを見ていても、
色々なパターの打ち方があると思います。


しかし、どんなプロでも、最初はきちんと
パターの基本を練習していたのです。


基礎が固まってこそ、自由に「自分のパター
スタイルを持つ事が出来る」ようになります。




では、プロも実践していた、パターの基本とは?


まず、パッティングをする時は、必ず、
ボールを左目の真下に置いて下さい。


目線の下には、ボールが一本の糸で
繋がっているようなイメージを持てば、
正しい位置に置くことが出来ます。


例え、パターの打ち方を変えるような場合でも、
必ず左目の真下にボールを置く事は忘れずに!


どうしてもボールの位置が分かりにくい場合は、
左目からパターを垂らしてみるとチエックできます。


また、左目の下からボールを落としてみれば、
ボールの落ちた位置が正しい置き場所です。






感覚が掴めるまでは、こうした方法で、
ボールの置く位置を確かめてください。


パットティングが上手くできない方の多くは、
ボールの位置が左目の真下に来ていない
ことがほとんどです。


打ち方がおかしいかな?と感じたら、
この方法でボール位置のチェックをして下さい。


これだけで、良いパットが出来るでしょう。

簡単な方法なので、ぜひチエックしてください!




この練習に最適な教材があります。

2万人以上のゴルファーを上達に導いた
最新のゴルフ上達法

「1軸左肩打法の基礎」です。
あわせてこちらもご覧ください。


今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ