ゴルフ ショットの 方向性の 精度を高める練習!

ゴルフ上達法

ゴルフ ショットの 方向性の 精度を高める練習!

ゴルフ ショットの方向性の精度を高める練習!



練習場でドライバーショットやアイアンショットの
ゴルフ練習をする時には、
まず最初にショットの方向を決めるのが大切です。


もし、打つ方向に意識を集中させないまま、
漠然とショットの練習を続けていたら
どうなるでしょうか......?


打つ方向が間違っているような状態で、
何度も練習を重ねていては
折角の努力も水の泡になりそうです。




特に、コースで狙った位置にボールを飛ばす
のが難しいという方は、
まず先に打つ方向性を決めておいて下さい。


目標を練習場にある右の看板や、
左にあるネットなど、ランダムに
マットの向いていない方向に目標を定めて
打つ練習をしてみましょう。


マットの向いている方向にばかり打つ練習を
続けてしまうと、どうしてもセンターの
看板を狙って打つように癖がつき、


アドレスが間違っているのか気がつかないまま、
練習をしてしまう事が多くなるのです。



ボールの後方から目標を定め、
ボールの打つ瞬間の出玉を1mほど先のイメージに
設定して真っすぐ打ち出す練習をいてください。


自分の分かりやすい目印を決めて、
分かりにくければ、5円玉を置いても構いません。


ただし、この目印の付け方は練習場のみ
出来る事なので、本番ではやってはいけない
ので注意しましょう。


そして、ボールと目印を結んだ線の先に、
目標とする方向を確認しておきます。


アドレスは目標の方向とは平行にして構えます。


これで「目標方向に沿ってスクエアなアドレス
が取れるようになりました。




コース上でナイスショットを打ったとしても、
方向性のコントロールが出来なければ、
ショットは安定しません。


普段から、出玉を飛球方向に真っすぐとる
癖を目印を使って方向性を取るように
練習をすれば、ナイスショットの確率も
大幅にアップするでしょう。


このように、コースで打つイメージで
実践に活かせる練習を続けてみて下さい。



この練習に最適な教材があります。

2万人以上のゴルファーを上達に導いた
最新のゴルフ上達法

「1軸左肩打法の基礎」です。
あわせてこちらもご覧ください。


次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ