ナイスショットのコツは、練習場の 1打も コースの1打も 同じ感覚でプレーできる!!

ゴルフ上達法

ナイスショットのコツは、練習場の 1打も コースの1打も 同じ感覚でプレーできる!!

ナイスショットができるコツとツボを!



練習場では、上手く行っているのに、
何故かコースだと結果が出せない......
という声を多く聞きます。


これは、どのような原因なのでしょうか?


実は、練習場とコースでは
「打つ球の数が違う」という事が大きいです。




練習では、数回のうち1回ナイスショットでも
「調子が良い」と感じることがあるはずです。


しかし、コースでは1球、1球で結果を
出あなければならない必然性が求められます。


緊張とプレッシャーの中、練習場のように
リラックスして打つ事が出来ないのです。


これが、練習場では上手く行くのに
本番のコ-スでは、、、と感じる原因は?



まず、練習場でボールを打つ時には
「コースを想定して」練習をするのが大切です。


つまり、コースをイメージングし練習をする事で、
コースで大きなギャップに悩まされる事が
少なくなります。


また、コースを回る時には「ここは練習場だ」
という意識で、
リラックスしてプレーするようにしてください。





気持ちを入れ替えて楽に考える事で、
集中してプレーする事ができます。


アイアン、ドライバー、アプローチでも全く同じです。


イメージをしながら練習をするのには集中力が
必要ですが、ゴルフの上達には「これ以上無い」
効果の高い練習方法と言えます。


コースに出た時も、リラックスしてプレーしてください!



この練習に最適な教材があります。

2万人以上のゴルファーを上達に導いた
最新のゴルフ上達法

「1軸左肩打法の基礎」です。
あわせてこちらもご覧ください。


旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ